デストルドー9 クローゼット・ドラマ「If&True」公演情報詳細

■2019年12月23日更新

当日券販売につきましてお知らせ

詳細はこちら

■2019年12月4日更新

追加キャスト発表!

二階堂優(にかいどう・すぐる)役

浦尾岳大(うらお・たけひろ)さん

の出演が決定いたしました!

————–

「デストルドー9」制作スタッフです。

2020年1月11日(土)、12日(日)開催、朗読公演の詳細が発表となりました。

チケット発売日は12月7日(土)21時となっております。

書下ろし短編新作9作品。

どうぞお見逃しなく!

デストルドー9

クローゼット・ドラマ

「If&True」

(イフ&トゥルー)

2020年1月11日(土)12日(日)

四ッ谷 シアターウィング

「もしも」あの時、俺がこうしていたら。
私はあの時「本当は」こう思っていた。
「もしも」と「本当」。
彼らがあなたに隠した、秘密の物語。

2019年9月に座・高円寺2にて上演したオリジナル舞台作品「デストルドー9」。
その同一の世界観でお送りする短編集。
全編、新作書下ろし作品をお届けします(脚本:渡辺流久里)。

※朗読公演となります。
※舞台「デストルドー9」をご覧いただいていないお客様もお楽しみいただける内容となっております。
※「クローゼット・ドラマ」とは、上演に適さない読み物としての脚本のことを指しますが、本作品では「なんらかの事情で」お客様に隠していた物語を紐解く意味合いで使用しています。

■出演者(敬称略)
【役名/キャスト名】

束田唯(つかだ・ゆい)/新井裕士(あらい・ゆうじ)
小早川綜真(こばやかわ・そうま)/井上将(いのうえ・しょう)
小早川幾実(こばやかわ・いくみ)/寺木慧佑(てらき・けいすけ)
二階堂優(にかいどう・すぐる)/浦尾岳大(うらお・たけひろ)
五十嵐遼(いがらし・りょう)/本多遼(ほんだ・りょう)
守野純(もりの・じゅん)/千ヶ崎佑也(ちがさき・ゆうや)
束田紀彦(つかだ・のりひこ)/紺乃鳳文(こんの・たかふみ)
織原紅(おりはら・べに)/絹川麗(きぬかわ・れい)
小早川千紘(こばやかわ・ちひろ)/中島練(なかじま・れん)

■上演スケジュール
2020年
1月11日(土)

①12:00~ ②16:00~ ③19:30~
1月12日(日)
①12:00~ ②16:00~
※開場は開演の30分前より※上演時間は約90分(休憩なし)を予定しております(演目が異なる都合上、多少前後する可能性がございます)。
■チケット販売ページ12月7日(土)21時よりLivepocketにて販売開始!
先着受付順
チケット料金 5000円 (前売り券当日券共通)
全席自由席
https://t.livepocket.jp/e/destrudo9_it

■上演作品
全9作品のうち、各回3作品ずつ上演いたします。
各回、全キャスト出演いたします(キャストごとに出演作品は異なります)。

1月11日(土)
①12:00~「True」

1:「賢者と愚者のパレード」
2:「僕らが愛した心臓」
3:「オイディプスの蝶」

②16:00~「If」
1:「クローズドクエスチョン」
2:「キュートアグレッション」
3:「スタジオ9『絶望と希望の9日間』編」

③19:30~「True」
1:「祝福されしエンブリオ」
2:「僕らが愛した心臓」
3:「初恋と毒薬」

1月12日(日)
①12:00~「If」
1:「キュートアグレッション」
2:「クローズドクエスチョン」
3:「スタジオ9『アドゥレセンスの聖戦』編」
②16:00~「True」
1:「祝福されしエンブリオ」
2:「オイディプスの蝶」
3:「いつか辿り着く未来のために」
上演内容、上演順、出演者等は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

■注意事項上演回によって上演作品が異なります。ご確認の上、お買い求めください。
全席自由席です。
・開場は開演の30分前です。
・上演時間は約90分(休憩なし)を予定しております。
・当日券を販売する場合には、開演の1時間前よりロビー受付にて販売いたします。
12/23更新当日券販売についてのご案内詳細
・開場の15分前(開演45分前)より、デジタルチケットに記載のございます整理番号順に列を形成いたします。その後、開場時間となりましたら、整理番号順にご入場いただきます。当日券をお買い求めのお客様は、列がなくなり次第、順次ご入場いただけます。
・本公演では、キャストによる面会、お見送り等は実施いたしません。
・劇場付近は住宅街となっております。大声を出す等、近隣住民の方のご迷惑とならないようご配慮お願いいたします。
・開場内での飲食・喫煙はご遠慮ください。
・開場内での許可のない録画・録音・撮影はお断りさせていただきます。
・携帯電話、スマートフォン等、音の鳴る電子機器をお持ちのお客様は、上演中、マナーモード並びに機内モードではなく、必ず電源からお切りくださいますよう、ご協力お願いいたします。
・スペースの都合上、スタンド花・アレンジメント花はお受け取りを辞退させていただきます。
・出演者へのプレゼント・お手紙につきましては、ロビーに設置いたしますプレゼントボックスにてお預かりいたします。生もの・生花・飲食物はお預かりできません。また、出演者にお渡しするまでにお日にちを頂戴する場合がございます。あらかじめご了承ください。
・車椅子でご来場される場合には、スムーズにご案内させていただきたく、お手数ではございますがご来場日の前日までに運営までご連絡ください。
■お問い合わせ:destrudo9.2019@gmail.com
・予告なく、出演者、上演内容を変更する場合がございます。予めご了承の上、お買い求めください。
・主催都合、天変地異による公演中止でない限り、一度ご購入いただきましたチケットの払い戻しはできません。
他、最新情報(物販情報等)は公式ツイッターにてお知らせいたします。


■登場人物紹介
◇束田唯(つかだ・ゆい)/演:新井裕士(あらい・ゆうじ)
高校三年生。石川県在住。両親を幼い頃に亡くし、叔父の紀彦と共に暮らしている。幼い頃から引っ越しが多かった。誰とでもそれなりにうまく付き合えるが、深く付き合うこともしない。
◇小早川綜真(こばやかわ・そうま)/演:井上将(いのうえ・しょう)
高校三年生。東京都出身。口が悪く愛想もない。人付き合いが苦手で、特に唯とは衝突することが多い。水族館でクラゲを見るのが好き。兄の幾実には複雑な感情を抱いている。
◇小早川幾実(こばやかわ・いくみ)/演:寺木慧佑(てらき・けいすけ)
大学一年生。東京都出身。綜真の実兄。頭が良く、コミュニケーション能力も高い。目的のためなら他人を切り捨てる一面も持つ。
◇二階堂優(にかいどう・すぐる)/演:浦尾岳大(うらお・たけひろ)
大学一年生。兵庫県出身。詐欺グループのリーダーだった。可愛いものが好き。
◇五十嵐遼(いがらし・りょう)/演:本多遼(ほんだ・りょう)
高校三年生。東京都出身。面倒見の良い常識人。頼(より)と准(じゅん)という親友がいる。
◇守野純(もりの・じゅん)/演:千ヶ崎佑也(ちがさき・ゆうや)
35歳。教師を目指していたが挫折した過去を持つ。
◇束田紀彦(つかだ・のりひこ)/演:紺乃鳳文(こんの・たかふみ)
42歳。唯の叔父。両親を亡くした唯を引き取る。無口であまり多くを語らない。
◇織原紅(おりはら・べに)/演:絹川麗(きぬかわ・れい)
42歳。綜真と幾実の母。とある施設で部長を務めている。息子たちと距離感をうまくとれていない。
◇小早川千紘(こばやかわ・ちひろ)/演:中島練(なかじま・れん)
故人。綜真と幾実の父で紅の夫。ある実験で命を落とす。

■ストーリー紹介「賢者と愚者のパレード」”先生、俺とゲームしましょう。”
とある夜。ある試験の担当教官に選ばれた守野純は、自分の受け持ちの生徒たちと世間話を始める。始めは楽しい話題が続いていたが、事態は思いもよらぬ方向へ……。
「僕らの愛した心臓」”俺は親友だと思ってる。””俺は愛してるよ。”
とある試験に参加した少年たち。試験中の事故で意識を失い、目を覚ますと9年間が経過していた。戸惑う少年たちは、ある決断を迫られる。
「初恋と毒薬」”変な夢見た。結婚式の夢。”
とある試験の合宿に参加することになった唯と綜真。何かと衝突してばかりの2人は、交流を深めるためにという名目で懇親会の実行委員に選ばれる。
「祝福されしエンブリオ」”もう名前は決めてあるんだ。”
同じ職場に勤める紅、紀彦、千紘。紅と千紘は結婚し、もうすぐ子供も生まれる。ある時、生まれてくる子供にどんな名前をつけようかという話になり……。
「オイディプスの蝶」”『父を殺し、母を娶ることになるだろう。』”
父、母、二人の兄弟。幸福だった家族は、ある出来事をきっかけにだんだんと壊れていく。
「いつか辿り着く未来のために」”命にひざまずけ――絶望を生き残れ。あなたが望めば、■■は変えられる。”
これは、「あなた」に贈る物語。
「キュートアグレッション」”じゃあちょっと、性癖の話をします。”
とある夜。集まった少年たちは、恋愛、友情、学校、家族、と他愛のない話を始めるが……。
「クローズドクエスチョン」”頑張ります!!!!!!!!”
ある施設の教官採用試験の最終面接になんでだか残ってしまった男・守野純。面接官は強烈な人間ばかり。果たしてこの試験を生き残ることができるのか?
「スタジオ9」”タイトルは『デストルドー9』で行きます!”
ある舞台製作会社。最新作製作のために集まったキャストスタッフたち。会議は踊る、されど進まず。迫る締め切り。無事に上演することはできるのか?

以上、9作品をお送りします。
Trueはシリアス・サスペンスタッチの作品、Ifはコメディタッチの作品です。本公演は映像化いたしません。ぜひ、劇場で目撃してください。

■公演に関するお問い合わせdestrudo9.2019@gmail.com

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA